您现在的位置:首页 > 每日课堂 > 每日阅读 > 正文

每日阅读(3.20):万里の長城

时间:2008-03-20 10:18:52  来源:本站原创  作者:Echo收藏  [网页划词已启用]

 

万里の長城の東の起点・山海関は、北京の東約300キロの渤海沿いにある。地勢の険しい古来の兵争の地で、「天下一の関所」とも言われた。
万里长城东边起点山海关位于北京以东大约300公里的渤海沿岸。因其地势的险要,自古以来便是兵家争夺之地,所以也被称为“天下第一关。”
険しい(けわしい)
関所(せきしょ)


 第二次大戦後50年にあたる95年の終戦の日の直前、江沢民主席は、山海関近くの滞在地・北戴河で、本社と会見した。青年を対象に進めている愛国主義教育については、こう述べた。「歴史を正しく認識し、忘れないように教育することにあり、両国に不和をもたらす意図は全くない」
第二次世界大战之后经过了五十年,即95年在停战日之前,江泽民主席与本社在山海关附近的旅游胜地北戴河会见。就以青年为对象进行的爱国主义教育,江主席如是说道。“我们是为了正确认识历史,不要忘记历史而进行的教育,完全没有要引起两国间不和的意图。”
もたらす本文中是引起,引发的意思.
其意义:1持ち込む、持ってくる 带入.带来「吉報をもたらす」
2 引き起こす造成.引起.招致「大雨がもたらした被害」


 それから10年後の今、中国から声高に届く、愛国主義の行動に罪はないという「愛国無罪」には、両国の不和にまでつながりかねない危うさを感じる。そしてもう一つ、デモ隊が日本を見下して言う「小日本」については、山海関から海を望んだ時の思いがよみがえってきた。
10年后的今天,从中国所疾呼的“爱国无罪”,即爱国主义行为没有罪里,却感觉到有可能会造成两国间不和的危机。此外,关于示威队蔑称日本为“小日本”,恐怕也是从山海关遥望大海时感想的重生罢。
声高(こわだか)大声.高声「声高に話す」
つながり连接,相连,关系「血のつながりがある」有血缘关系
危うさ(あやうさ)危险.危急(危ういの名詞)
見下して蔑视.轻视.看不起「人を見下したような態度」
よみがえって写成「蘇る、甦る」本文中有复生,重生之意.
其意义:1复活.苏生.复苏「久しぶりの雨で草木がよみがえった。」
2复原.复兴「平和がよみがえる」「記憶がよみがえる」想起忘记的事


 山海関は、西から延々と続いてきた万里の長城が、ついに海に入る地点だ。その海のはるかかなたには、見えはしないが日本列島がある。ユーラシアという世界最大の幅を持って横たわる陸地から望むと、地理地形の上からは、列島は大海に浮かぶ細いひもか縄のようにも思われる。
万里长城从西延绵至东,最后在山海关入海。海遥远的彼岸,是望不到的日本列岛。从世界横跨范围最大的欧亚大陆来看,不由得感觉,日本列岛在地理地形上就像条小带子,或是细绳。
かなた写成「彼方」
横たわる(自五)本文中是“横卧”的意思。
其意义:1横卧.横躺「ベッドに横たわる」2摆着.存在着.面临着「困難な問題が横たわる」


 中国の長い歴史と文化を誇る人たちが、日本に対して、ある種の優越感を覚えたことは、想像に難くない。その日本に侵略され支配されたという屈辱と、負わされた傷とは、半世紀ぐらいで癒えたり消えたりするものではないとも思われた。
中国人总以自己源远流长的历史文化为傲,不难想象,面对日本总怀有某种优越感。因而被日本所侵略支配的屈辱,以及所受的伤痕不是半个世纪能够痊愈消失的。
屈辱(くつじょく)
癒える(いえる)病気や傷が直す。苦しみがなくなる。「心の傷が癒える」


 街頭での「小日本」の裏には、屈折した大国意識と群集心理が感じられる。群衆から、例えばひとりの青年に戻った時にも、声高に「小日本」と言うのだろうか。
街头所呼喊的“小日本”中,感觉得到一种扭曲的大国意识及群众心理。如果回到了过去的青年时期,人们还会高呼“小日本”么?
屈折(くっせつ)1弯曲.曲折「屈折した道」2扭曲.不正常.歪曲「屈折した心理」

 

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量