您现在的位置:首页 > 日语考试 > 日语二级考试 > 历年考试真题 > 正文

2008年日语能力考试二级真题:阅读及完整答案

时间:2011-04-18 14:25:06  来源:可可日语  作者:nvwu收藏  [网页划词已启用]


問(2) どうして筆者は、仕事を②「最低3年は続けてください」と言っているのか。[17]
1.3年働かなければ、一生懸命(いっしょうけんめい)にその仕事をしたとは言え
ないから
2.成果(せいか)が出てきてやりたい仕事になるのに、3年はかかるから
3.3年の積み重ねがなければ、やりたい仕事ではないから
4.仕事というものは、最低3年はしなければならないから

問(3) 面白さを見(み)いだせなかった仕事でも、どんないいことがあると筆者は言っているか。 [18]
1.その仕事に関係した技術や知識は身につく。
2.これが「天職(てんしょく)」だという判断が得られる。
3.仕事をいい加減(かげん)にしてはいけないことがわかる。
4.続けなくてよかったという気持ちになれる。
 
問題Ⅲ 次の(1)から(4)の文章を読んで、それぞれの問いに対する答えとして最も適当なものを1.2.3.4から一つ選びなさい。

     さて、ここであなたに質問です。1時間の話と3分間の話では、どちらが難しいでしょう。このような質問をすると、ほとんどの人が1時間と答えます。 しかし、これはまったく逆です。実は短い話ほど難しいのです。(注)仮(かり)に1時間、話をするのに1日の準備が必要だとすれば、3分の話であれば、1週間から10日は準の時間が必要だ、と言われるくらいです。 なぜなら、長い話は時間に余裕(よゆう)がありますから、多少横道(よこみち)にそれたり、エー、アノーなどという言葉癖(ことばくせ)が出ても、内容がよければカバーすることができます。
(金井英之『人前で3分、あがらずに話せる本』による)
(注)仮(かり)に:もしも

問(1) 本文の内容に合っているものはどれか。
1.子どもの教育は、テレビという小さいな枠にはめて考えるべきではない。
2.テレビからの情報は重要なので、学校でも積極的に取り入れるべきである。
3.子どもの勉強は学校だけですものではなく、あらゆる経験が勉強である。
4.子どもの個性や能力は日常生活で伸びるので、学校での教育は必要ではな
い。

上一页 [1..] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量