您现在的位置:首页 > 日语能力 > 日语语法 > 日语语法资料 > 正文

『鬼』、『神』、『蛇』の慣用語

时间:2008-01-09 13:02:01  来源:本站原创  作者:Echo收藏  [网页划词已启用]

まずは『鬼』
――が住むか蛇(じや)が住むか
(建物の中や人の心の中などに)どんな恐ろしいものや恐ろしい考えがひそんでいるかわからない。

(建筑物中或人心中) 隐藏着多么可怕的东西或想法。
――が出るか=蛇(じや)が出るか(=仏(ほとけ)が出るか)
〔昔、傀儡(かいらい)師が胸にかけた機関(からくり)箱から人形を取り出す前に言った言葉という〕前途の呙斡铚しがたいことのたとえ。

(古时候,傀儡师从胸前的机关箱子里取出玩具之前说的话)比喻前途难以预料
――が笑.う
現実性のないことをからかっていう語。
「来年のことを言うと―.う」
――とも組.む
(1)勇猛なさまのたとえ。 比喻勇敢。
(2)勇猛ではあるが、物の情を解しない人のたとえ。 比喻有勇无谋之人。

――に金棒(かなぼう)
〔ただでさえ強い鬼に金棒を持たせる意から〕強いものがさらに強さを加えること。

(让本来就强大的鬼拥有金棒)如虎添翼
――に衣(ころも)
(1)表面はおとなしく見えるが、内心に恐ろしいものを秘めていることのたとえ。

比喻表面上很老实,内心里却藏着可怕的东西。狼(おおかみ)に衣。

 
「形は出家になれども、中々内心は皆―なり/浮世草子.織留 3」


(2)〔鬼は元来裸なので〕不必要なこと、また不似合いなことのたとえ。 (鬼原本是赤裸的)喻不必要或不合适。


――の居ぬ間に洗濯(せんたく)
気兼ねする人やこわい人のいない間に、したいことをしたり、息ぬきしたりすること。喻趁监视的人或者可怕的人不在,做自己想做的事或者歇息。鬼の留守に洗濯。
――の霍乱(かくらん)


〔「霍乱」は暑気あたりの意〕いつも非常に健康な人が、珍しく病気にかかることのたとえ。 (「霍乱」是暑气太盛的意思)比喻通常非常健康的人得了病。
――の首を取ったよう


(大したことでもないのに)大変な功名.手柄を立てたように思って喜ぶさまのたとえ。
――の空念仏(そらねんぶつ)
無慈悲.邪悪な人間が、表面上は慈悲深くよそおうこと。また、がらにもなく殊勝にふるまうこと。鬼の念仏。


――の女房に鬼神(きじん)がなる
鬼のような冷酷.残忍な夫には、それと釣り合う同じような女が女房になる。似たもの夫婦。鬼の女房に鬼神の亭主。


――の念仏(ねんぶつ)
「鬼の空念仏(そらねんぶつ)」に同じ。

 
――の目にも涙
冷酷無情な人間でも、時には情に感じて慈悲の心を起こすことのたとえ。


――は外(そと)福は内(うち)
→福は内鬼は外(「福」の句項目)


――も十八番茶(ばんちや)も出花(でばな)
〔醜いとされる鬼も年頃になれば美しく見え、番茶でもいれたばかりのときにはよい香りがする意から〕女の子はだれでも年頃になれば、それ相応にきれいに見え、魅力もそなわるの意。古くは男女いずれにもいった。


――を欺(あざむ).く
〔「あざむく」はしのぐ、の意〕ひどく力が強い、あるいは容貌(ようぼう)が恐ろしいので、鬼かと思うほどである。


「―.く国性爺/浄瑠璃.国性爺合戦」
――を酢(す)にして食.う


恐ろしいものを何とも思わない。鬼を酢につけて食う。
「鬼を酢にさして食はんずる景気なり/盛衰記 37」

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量