艇嶬攀栂志:遍匈 > 晩囂嬬薦 > 晩囂囂隈 > 晩囂囂隈彿創 > 屎猟

晩囂児云囂隈(兆簡)

扮寂:2008-01-10 23:02:34  栖坿:云嫋圻幹  恬宀:Echo
 

兆簡

 

匯、兆簡古峰

兆簡燕幣繁賜並麗。兆簡梓凪栖坿辛蛍葎才囂兆簡、査囂兆簡才翌栖囂兆簡。梓更簡圭塀辛蛍葎汽歓兆簡喇凪麿簡廬栖議兆簡參式喘光嶽更簡圭塀栽撹議塗伏兆簡、鹸栽兆簡吉。

兆簡梓凪吭吶才囂隈蒙泣辛蛍葎噸宥兆簡、耕嗤兆簡呀各廨嗤兆簡糞嵎兆簡才侘塀兆簡。

鴻吶議兆簡淫凄旗簡才方簡。

 

屈、兆簡議喘隈

兆簡麼勣喘隈泌和。

1.辛參朔紗鯉廁簡が賜険廁簡は、も吉恬麼囂。箭泌

(1) ふゆがおわり、はるがきた。

(2) あめもふるしかぜもつよい。

(3) はとは峠才の咫です。

2.辛參朔紗鯉廁簡の恬銭悶俐蔑囂。箭泌

(1) さくらの雑が胆しい。

(2) 枠伏のことばをテ-プレコ-ダ-にはいれました。

(3) とうきようは晩云の遍軒ですが、またこうぎようの嶄伉仇です。 3.辛參鞭銭悶俐蔑囂俐蔑。

(1) これは嗔だちの弥嶄さんからのてがみ。

(2) あるときさら牢いをして、あるときはかていきようしをしてがく ひを誼た。

(3) てんきのよい晩には、ここから楳いそらみどりの表、きれいにさ いたさくらの直など、えいのようにすばらしい尚弼がみえる。 4.辛參朔紗鯉廁簡、険廁簡恬銭喘俐蔑囂。

(1) せんたくした麗を、幢のさおにほします。

(2) 弥嶄さんはとうきようえきをたって、寄昜へ鬚った。

(3) 暴はアパ-トに匯繁で廖んでいます。

5.辛參朔紗峺協廁強簡だ、です恬僚囂。箭泌

(1) これはえんぴつで、あれは云だ。

(2) わたしは弥嶄です。

(3) きのうはいいてんきでした。

6.辛參恬柵蚕囂、戻幣囂吉鏡羨撹芸。箭泌

(1) 表弥さん、はやくいらっしやい。

(2) 枠伏、押繁の醤栽はいかがでしようか。

(3) 易ばら、それはなつかしい房い竃のある雑だ。

 

眉、扮寂兆簡議険簡來喘隈

嗤乂燕幣扮寂議兆簡壓燕幣強恬、恬喘序佩議扮寂扮辛參音紗廁簡汽鏡恬銭喘俐蔑囂。宸嶽喘隈出恬扮寂兆簡議険簡來喘隈。箭泌

(1) きのう僣が週った。

(2) あすの劾唾佩に竃かけます。

(3) せんしゆう、この云をかいました。

(4) わたくしはおととし晩云に栖ました。

 

箭鞘嶄猟

屈、

1. (1)喬爺潤崩阻敢爺栖阻。
        (2)嚏匆和彭欠匆載寄。
        (3)碁徨頁才峠議黎。
     2. (1)咤雑胆洗。
        (2)委析弗議讐三村和栖。 
        (3)叫奨頁晩云議遍脅,嗽頁垢匍嶄伉。
     3. (1)宸頁涛嗔弥嶄栖議佚。
        (2)嗤扮牢徒徨,嗤扮輝社優縮弗栖資誼僥継。
        (3)壓爺賑挫議晩徨戦,貫宸戦辛參心需竜清議爺腎、駄弼議蛤表、胆洗            腹蝕議咤雑吉泌鮫匯違強繁議尚弼。
     4. (1)委牢狛議丗麗狙壓幢戸貧。
        (2)弥嶄宣蝕叫奨嫋肇寄昜阻。
        (3)厘匯倖繁廖壓巷國戦。
     5. (1)宸頁忍永,椎頁慕。
        (2)厘頁弥嶄。
        (3)恍爺頁挫爺賑。
     6. (1)表弥枠伏,萩酔栖!
        (2)寄健,押繁議秤趨奕担劔?
        (3)脳浣,万頁陥繁房廷、指吮議雑隅。

 


  (1)恍爺和僣阻。
        (2)苧爺壼蛙竃壇肇唾佩。
        (3)貧巓択阻宸云慕。
        (4)厘念定欺晩云栖阻。

犢慥超

涙遅犢慘蔦族綣酔堀戻幅送楚