您现在的位置:首页 > 日语能力 > 日语语法 > 日语语法资料 > 正文

语法辨析:~だけ ~ばかり

时间:2012-10-16 14:29:06  来源:中华网考试培训  作者:angelj收藏  [网页划词已启用]

一、「だけ」和「ばかり」都是助词,表示“限定、这就是全部、不再有其他”,又都有“只”“仅”“尽”“光”的意思,但在实际应用中有区别。

1.「だけ」可接在数量词后面限定数字,而「ばかり」不行。

  今年(ことし)の夏休(なつやす)みは15日(にち)だけです。(〇)

  今年(ことし)の夏休(なつやす)みは15日(にち)ばかりです。(×)

  3つだけ食(た)べました。(〇)只吃了3个。

  3つばかり食(た)べました(×)
    \
2.「だけ」可以和否定形式相呼应,而「ばかり」不行。

  その料(りょう)理(り)だけを食(た)べませんでした。(〇)我只没吃那个菜。

  その料(りょう)理(り)ばかり食(た)べませんでした。(×)

3.「だけ」和「ばかり」接在体言后面表示限定时,意思基本相同,都表示“没有例外”。

  お茶(ちゃ)だけ饮(の)んでいます。只喝茶(ただかつちゃ)(没喝别的)

  お茶(ちゃ)ばかり饮(の)んでいます。只是喝茶(没喝别的)

4.「だけ」不能接在动词「て」形后面,而「ばかり」可以,并含有反复进行同一动作的意思。

  お茶(ちゃ)饮(の)んでばかりいます。(〇)光是一个劲儿地喝茶。

  お茶(ちゃ)饮(の)んでだけいます。(×)

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量