您现在的位置:首页 > 日语听力 > 实战听力 > 听日剧练听力 > 正文

听日剧练听力之千与千寻 第9课

时间:2009-08-25 10:54:15  来源:可可日语  作者:alex收藏  [网页划词已启用]

前期剧情介绍

千寻的父母准备搬家,却半路迷路,来到了一个陌生的隧道口,父亲坚持进去看看。穿过隧道口,眼前豁然开朗,竟然在那里有一个陌生的小镇。父母被一阵莫名的香味吸引,进入小镇的一条长廊店铺,那里摆满了各种各样的吃的东西。父母非常贪心的大吃起来,虽然千寻一再要求回去,但父母并不在意,于是千寻自己走出店铺,途中看见大群精灵和幽灵四处出没大吃一惊,欲通知父母之际却发现他们变成了大肥猪……!千寻逃走,身体竟开始变成透明,快要消失。此时,一个叫白的男孩出现并救了她,更告诉她这个镇是精灵栖息的世界,人类是不许进入的,并告诉他若要生存,救出父母只能忍耐着在这里工作。然后告诉她去找釜爺さん,然而釜爺さん却告诉她,这里有煤灰工作,不缺人手,这时候刚好小玲来送饭,于是釜爺さん拜托小玲将千寻带到湯婆婆那里,并叮嘱千寻无论如何一定要和湯婆婆定下工作的契约。然而,千寻和小玲到湯婆婆那里的半路上却险些被精灵发现,千寻和小玲能否顺利逃过精灵的眼睛,顺利到达湯婆婆那里呢?又能否顺利和湯婆婆签下工作的契约呢?......下面就是这之后发生的情景。

 「『二天』につくが、『天』まで千尋を連れて行くおしらさま。」
 「奥のドアを開けようとする千尋。」

湯婆婆: ノックもしないのかい!?
千尋: やっ!?
湯婆婆: ま、みっともない娘が来たもんだね。さぁ、 おいで。……おいでーな~。
千尋: わっ!わ……っ!!いったぁ~……
 
 「頭が寄ってくる。」
 
千尋: ひっ、うわぁ、わあっ……わっ!
湯婆婆: うるさいね、静かにしておくれ。
千尋: あのー……ここで働かせてください!
 
 「魔法で口チャックされる千尋。」
 
湯婆婆: 馬鹿なおしゃべりはやめてくれ。そんなひょろひょろ に何が出来るのさ。
                 ここはね、人間の来るところじゃないんだ 。

                 八百万の神様達が疲れをいやしに来るお湯屋なんだよ。
                 それなのにおまえの親はなんだい?お客さまの食べ物を豚のように食い散らして

                 当然の報いさ。
                 おまえも元の世界には戻れないよ。
                 ……子豚にしてやろう。ぇえ?石炭、という手もあるね。
                へへへへへっ、震えているね。……でもまあ、良くここまでやってきたよ。

                 誰かが親切に世話を焼いたんだね。
                誉めてやらなきゃ。誰だい、それは?教えておくれな……

千尋: ……あっ。ここで働かせてください!
湯婆婆: まァだそれを言うのかい!
千尋:     ここで働きたいんです!
湯婆婆: だァーーーまァーーーれェーーー!!!
 
湯婆婆: なんであたしがおまえを雇わなきゃならないんだい!?

                見るからにグズで!甘ったれで!泣き虫で!頭の悪い小娘に、仕事なんかあるもんかね!
                お断りだね。これ以上穀潰しを増やしてどうしようっていうんだい!
               それとも……一番つらーーいきつーーい仕事を死ぬまでやらせてやろうかぁ……?

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量