您现在的位置:首页 > 走进日本 > 风土人情 > 正文

走进日本:日本人一天的生活时间安排

时间:2011-11-01 15:19:16  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]
NHKが5年ごとに行っている「国民生活時間調査」の1995年のデータによると、睡眠、食事、身の回りの用事などに約8時間58分、そのほか余暇的な行事や移動などの時間に4時間26分、というのが、平均的な日本人の1日の生活時間である。

根据NHK每5年一次的“国民生活时间调查”1995年的数据显示,日本人平均一天的生活时间分配是:睡觉、吃饭、处理身边杂务等生活必需时间约占10小时零9分;工作、学业、家务等约占8小时58分;其他休闲性活动与交通的时间约占4小时26分。

起床と就寝時間

起床和就寝的时间

70~85年の同調査では、睡眠時間の国民平均は約8時間でほとんど変化がなかったが、90年は7時間39分、95年は7時間27分、2000年は7時間23分と減少が続いている。起床、就寝時刻についてみると、起床時間はほとんど変化していないが、夜11時に起きている人の率は、平日で70年の24%、80年30%、90年39%、95年44%と就寝時刻は遅くなっている。日本人の生活が夜型化してきていて、宵っ張り型が増えているわけである。

\

在1970年至1985年的该项调查中,国民平均睡眠时间约为8小时,几乎没什么变化。但是,到了1990年为7小时39分,1995年为7小时27分,2000年为7小时23分,有逐渐减少的趋势。从平日的起床、就寝时间来看,起床时间几乎没什么变化,但到了晚上11点还没就寝的人的比例1970年为24%,1980年为30%,1990年为39%,1995年为44%,显示就寝时间变得越来越晚。日本人的生活已逐渐转变为夜生活形态,夜猫族人口也越来越多了。

上一页 [1] [2] [3] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量