您现在的位置:首页 > 走进日本 > 风土人情 > 正文

日本武士道:古代武士"切腹"的方法!

时间:2012-07-03 17:39:29  来源:可可日语  作者:dodofly收藏  [网页划词已启用]

侍や武士、と聞いて皆さんは何を連想されるだろうか。まげや刀などももちろんだが、彼らと切っても切り離せないのが「切腹」である。切腹は単なる自殺ではなく、武士としての名誉を保ちつつ自身の命をもって責任を取るという方法だ。現代日本では許されないが武士の世界では一種の美学であるとも言える。

说到武士大家会联想到什么呢?发髻啊(武士)刀啊自不必说,和他们不可分割的还有一样东西——切腹。切腹不单单是自杀,也是武士为维护自身名誉舍生取义的一种途径。现代日本虽已明文禁止,但在武士的世界却可谓是一种美学。

切腹は日本独自の文化とされ海外でも「Seppuku(セップク)」や「Harakiri(ハラキリ)」と固有名詞化さえしている。ネット上に切腹の解説画像がアップされ主に海外ユーザーから熱い注目を浴びている。

作为日本独有的文化,“切腹”在海外甚至形成「Seppuku(セップク)」「Harakiri(ハラキリ)」等固有名词。“切腹解说图”的网络上传者也受到来自海外用户的热情关注。

解説図によると、ひとくちに「切腹」と言っても方法は数種類あるそうだ。よく映画などで見かけるのは腹を横一文字に切る「一文字腹」、タテヨコ十字に切りもっとも正式なものとされる「十文字腹」、あまり知られていないタテ一方向に切る「南部腹」などである。

从解说图不难看出,切腹说是切腹,其实方法却有数种。电影中常见的一字横切腹部的方式被称作“一文字腹”;横竖十字的话就是最正规的切腹法,被称作“十文字腹”;还有一种不常见的方式“南部腹”,是纵向一字切的。

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量