您现在的位置:首页 > 走进日本 > 风土人情 > 正文

走进日本:七夕首当其冲的夏日祭典

时间:2012-07-16 17:26:54  来源:东京流行通讯  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

   暑い暑い夏の日、日本の伝統的な浴衣を着て、うちわを持ち、日本のテレビドラマの主人公のように、日本的な雰囲気がいっぱいの街を歩いて、夏まつりの楽しさを味わってみたくなる。七月と八月は、日本で夏まつりが最も多い季節である。

      炎炎的夏日,你是否想过穿着日本传统浴衣,拿着团扇,像日剧中的主人公一样,漫步于充满传统扶桑气息的街道上,去体验一次夏日祭典所带来的乐趣呢?——七、八月份正是日本夏日祭最多的时候哟。
\

   夏の行事では、まず最初にあるのが七夕だ。日本の多くの七夕まつりは、新暦(太陽暦)によって行われる。日本では明治維新以来新暦を使用しているので、日本の七夕は7月7日である。だが一部の地方では本来の旧暦(陰暦)で計算するので、例えば仙台では、東北地区最大の七夕まつりが今年は8月6日に開幕する。

      夏日祭,七夕首当其冲。在日本大多数的七夕祭都是按新历(即阳历)来表示节日的时间。自日本明治维新起就开始以新历计日,所以在日本七夕是7月7日这一天。但是也有部分地区是按照原来的旧历(即阴历)来计算节日的时间。例如日本的仙台,东北地区最大的七夕祭就是在今年8月6日这天开幕。

上一页 [1] [2] [3] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量