您现在的位置:首页 > 走进日本 > 风土人情 > 正文

走进日本:极致浪漫 "世界唯一仅有"的花

时间:2012-07-18 17:36:25  来源:东京流行通讯  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

   「一粒の砂に世界を見、一輪の花に天国を見る」という言葉がある。確かに科学的に見ると、どの一粒の砂も、どの一輪の花も唯一無二のものだ。しかし日常生活の中では、「世界に一つだけ」とは「得がたいもの」という意味であり、「究極のロマン」なのである。一方「世界に一つだけの花」というと、あの有名な歌がすぐに思い出される。

      一沙一世界,一花一天堂。诚然,从科学上讲,每一粒沙,每一朵花都是独一无二的。但在日常生活中,“世上唯一”这四个字则是“千金难求”,是一种“极致的浪漫”。而那朵“世界上唯一的花”,也只能在那首名歌曲中想象了。

   だが我々の人生には、記念すべき時がたくさんある。「唯一のもの」をそれの証拠にすることができたら、どんなにすばらしいことだろう。現代科学の発展によって、このような「唯一のもの」はすでに手に入るものとなっており、一輪の本物の「世界に一つだけの花」を注文することが可能なのである。

      但是,在我们人生众多的值得纪念的时刻,如果都可以用一个“唯一”来见证的话,那将是多么美妙的事情呢?随着现代科技的发展,这样的“唯一”,早已是触手可及,你完全可以定制一朵真正的“世界上唯一的花”。

上一页 [1] [2] [3] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量