您现在的位置:首页 > 走进日本 > 时事 > 正文

台湾HTC与日本KDDI联合开发新型智能手机

时间:2012-11-21 17:40:06  来源:日本通  作者:angelj收藏  [网页划词已启用]

日本の産経新聞によると、台湾の携帯電話メーカー大手、HTCの日本法人のHTCNIPPON(東京都港区)は20日、KDDI向けの新型スマートフォン(高機能携帯電話)「HTC J butterfly(バタフライ)」の発表会を都内で行った。新製品はKDDIと日本市場向けに共同開発したモデルで、米グーグルのOS(基本ソフト)「アンドロイド」の最新版や、高速処理が可能なクアッドコアCPU(中央演算処理装置)を採用。12月中に発売する。  
 
発表会にはHTCのピーター·チョウ最高経営責任者(CEO)とKDDIの田中孝司社長も出席し、新製品について、田中社長は「世界の中で最も進んだスマホ」と話すとともに、チョウCEOは「日本市場だけでなく、アジアの数カ国にも展開する」と話した。  
 
また、チョウCEOは、ウィンドウズフォンについて、「日本のマーケットでもぜひ出したい」と意欲を示した。
   \
据日本产经新闻报道,台湾大型手机制造企业HTC的日本法人HTCNIPPON(东京都港区)于20日,在东京都内举行了面向KDDI的新型智能手机(高功能手机)“HTC J butterfly(蝴蝶)”的发布会。新产品是HTC与KDDI一起面向日本市场共同开发的手机型号,采用了美国谷歌的操作系统“Android”的最新版以及可以高速处理的四核CPU(中央运算处理装置)。预计将于12月中旬发售。  
  
HTC公司首席执行官(CEO)Peter Chou(周永明)与KDDI公司社长田中孝司也一同出席了该发布会。对于新产品,田中社长表示“这是世界上最先进的智能手机”,周永明表示:“不仅是在日本市场,还将面向亚洲几个国家进行销售。”  
  
此外,周永明还针对Windows Phone表达了自己的想法:“一定要将该手机推向日本市场。”
 

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量