您现在的位置:首页 > 走进日本 > 畅游日本 > 正文

畅游日本:红枫林银杏叶 飘飘洒洒为秋天

时间:2012-12-18 17:26:55  来源:东京流行通讯  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

 桜が咲き誇る京都が精緻な夢の世界ならば、紅葉が散り敷く京都は静かな思索の季節である。桜がもたらす喜びや楽しさとは異なり、色とりどりの紅葉は千年の古都への想いを引き出してくれる。日本語では「紅葉狩り」と言うが、「狩り」という言葉を使うのは、秋の最もすばらしい紅葉の季節は非常に短いので、四季の移り変わりに気を配って大自然の美を逃さず捉えるようにという意味なのかもしれない。中国語の「紅葉」が赤く色づいた葉だけを指すのに対して、日本語の「紅葉」は秋になって色を変えるすべての植物に使うことができる。そのため、カエデもイチョウもツタもすべてが日本では紅葉に入る。

  若说樱花烂漫的京都是一场精致的梦幻,那红叶铺撒的京都就是一段寂静的哲思。不同于樱花带给人的欣喜与悦动,斑驳的红叶更能引起人对千年古都的追思。日语里有个词叫“红叶狩”,用“狩”字,许是因为秋天最好的红叶季十分短暂,同时也是提醒人们注意四季的转变,用心捕捉大自然的美。顺便一提,日语里的“红叶”和中文里的不同,不仅指红色的叶片,而是泛指因秋天的到来而变色的植物。因此,除了枫树,银杏、爬山虎等,在日本也属于红叶的范畴。

上一页 [1] [2] [3] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量