褒囂堋響:密瑚櫛鮒鹿ゞ耳夢緘旋〃及47鐙匚厮繍勝

扮寂:2012-09-04 10:39:56  栖坿:辛辛晩囂  恬宀:ookami

\

あの圭を 棋ちわびて 匚はむなしく すぎようとしている。
劾 藤れ惚てて 蓄りこんでしまったとき
融隼 暴の笥に
あの圭が栖られたら どうしよう。
おお 嗔よ あの圭の秘る祇を あけておいてくださいDD
あの圭を 形げないでください。

あの圭の怎咄が 暴を佰まさなくても
どうか 暴を軟こさないでください。
弌Bのかまびすしい栽蟹で
劾の高の まつりのLの さざめきで
暴は蓄りから 柵び軟こされたくないのです。
飛しあの圭が 融隼暴の笥に栖られても
暴をそっと 蓄らせておいてください。

ああ わたしの蓄り 恊い蓄り
あの圭の み返の匯乾れで 朕佰める蓄り。
ああ 暴の]じた凛は
蓄りの圧さから 竃てきた瑤里茲Δ
あの圭が わたしのまえに 羨たれるとき
ほほえみの高にのみ を_くだろう。

あらゆる高 あらゆる侘の 恷兜のもののように
わたしのまえに あの圭を Fしてください。
わたしの朕めた至の 恷兜の浪びは
あの圭の まなざしから 栖させて和さい。
朕めて 徭蛍に羨ちかえることは
そのままあの圭に 「ることであらしめて和さい。

貧匯匈 [1] [2] 和匯匈

犢慥超

涙遅犢慘蔦族綣酔堀戻幅送楚