您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 东京塔 > 正文

双语阅读:【日本经典小说连载】东京塔(237)

时间:2012-09-05 10:41:27  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

东京塔这部小说从“我”一点点长大,一直写到“我”目送着母亲因病去世,各种生活细节每每令人感同身受,因而赚取了读者大把的眼泪,也当之无愧地成了哭泣小说的首席代表。

ボクたちは、そういう信頼関係でずっとやってきた。それに、この話は死を宣告するために告げるのではない。生きる希望を持ってもらうために知っておいてほしいのだ。

k医師は告知をすると言ったボクを見て、「それならば、私から告知させて下さい」と言った。

それは医師の役割ということなのだろうか。どちらにしても、このすぐ後に行われるオカンにお対する説明にもボクは立ち会う。

「では、先生からどうぞ」

まるで、カラオケの順番を譲るような口調でボクは答えた。

\
オカンの病室に行くと時間はすでに回っていたらしく、ベッドの横に立ってそわそわしているところだった。

「あんた、やっぱり遅刻してから。先生が待っとんしゃあのにから、もう……」

「ごめん、ごめん。そしたら、行こうか」

ボクとミッチャンは、今歩いて来た廊下をまた同じようにオカンと戻って行った。
さっきと同じ部屋。ライトテーブルに掛けられたままのレントゲン写真。今度はオカンを中心にして椅子に座ると、k医師は軽い雑談を済ませた後、さっきの煮え切らない口調とは打って変わって、不謹慎(きんしん)なくらい立て板に水のテンポで告知し始めた。

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量