您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第2章悄悄消失的玻璃2

时间:2012-09-26 15:05:46  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

「おまえの両親が自動車事故で死んだ時の傷だよ。質問は許さないよ」

これがおばさんの答えだった。質問は許さない――ダーズリー家で平穏無事に暮らすための第一の規則だった。

ハリーがベーコンを裏返していると、バーノンおじさんがキッチンに入ってきた。

「髪をとかせ!」

朝の挨拶がわりにおじさんは一喝した。

だいたい週に一度、おじさんは新聞越しにハリーを上目づかいに見ながら、髪を短く切れと大声を出すのだった。同級生の男の子を全部束にしてもかなわないほど頻繁にハリーは散髪させられたが、まったくムダだった。切っても切ってもすぐ元どおりに伸びるのだ。しかもありとあらゆる方向に。

ハリーが卵を焼いていると、ダドリーが母親に連れられてキッチンに入ってきた。父親そっくりだ。大きなピンクの顔で、首はほとんどなく、薄い水色の小さな目をして、たっぷりとしたブロンドの髪が、たてにも横にも大きい顔の上に載っかっている。おばさんはダドリーのことをよく、天使のようだわ、と言ったが、ハリーは豚がかつらをつけたみたいだ、といつも思っていた。

ハリーは食卓の上にべーコンと卵の皿を並べた。プレゼントのせいでほとんどすき間がないので、そう簡単には置けない。ダドリーの方は、プレゼントの数を敢えていたが、突然顔色を変えてパパとママを見上げた。

「三十六だ。去年より二つ少ないや」

「坊や、マージおばさんの分を数えなかったでしょう。パパとママからの大きな包みの下にありますよ」

「わかったよ。でも三十七だ」

ダドリーの顔に血がのぼってきた。ハリーはダドリーのかんしゃく玉が大爆発寸前なのを感じて、いつテーブルがひっくり返されてもいいように大急ぎでベーコンに食らいついた。

おばさんもあきらかに危険に気づいたらしく、あわてて言った。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量