您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第5章对角巷6

时间:2012-11-05 11:50:08  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

すると叩いたレンガが震え、次にクネクネと揺れた。そして真ん中に小さな穴が現れたかと思ったらそれほどんどん広がり、次の瞬間、目の前に、ハグリッドでさえ十分に通れるほどのアーチ型の入口ができた。そのむこうには石畳の通りが曲がりくねって先が見えなくなるまで続いていた。

「ダイアゴン横丁にようこそ」

ハリーが驚いているのを見て、ハグリッドがニコーッと笑った。二人はアーチをくぐり抜けた。ハリーが急いで振り返った時には、アーチは見るみる縮んで、固いレンガ壁に戻るところだった。

そばの店の外に積み上げられた大鍋に、陽の光がキラキラと反射している。戸には看板がぶら下がっている。

鍋屋―大小いろいろあります―銅、真鍮、錫、銀―自動かき混ぜ鍋―折り畳み式
「一つ買わにゃならんが、まずは金を取ってこんとな」とハグリッドが言った。

目玉があと八つぐらい欲しい、とハリーは思った。いろんな物を一度に見ようと、四方八方キョロキョロしながら横丁を歩いた。お店、その外に並んでいるもの、買い物客も見たい。

薬問屋の前で、小太りのおばさんが首を振りふりつぶやいていた。

「ドラゴンのきも、三十グラムが十七シックルですって。ばかばかしい……」

薄暗い店から、低い、静かなホーホーという鳴き声が聞こえてきた。看板が出ている。

イーロップのふくろう百貨店―森ふくろう、このはずく、めんふくろう、茶ふくろう、白ふくろう

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量