您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第6章从943站台开始的旅程3

时间:2012-11-20 11:19:48  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

一番年上らしい男の子がプラットホームの「9」と「10」に向かって進んでいった。ハリーは目を凝らして見ていた。見過ごさないよう、瞬きしないように気をつけた……ところが、男の子がちょうど二本のプラットホームの分かれ目にさしかかった時、ハリーの前にワンサカと旅行者の群れがあふれてきて、その最後のリュックサックが消えた頃には、男の子も消え去っていた。

「フレッド、次はあなたよ」とふっくらおばさんが言った。

「僕フレッドじゃないよ。ジョージだよ。まったく、この人ときたら、これでも僕たちの母親だってよく言えるな。僕がジョージだってわからないの?」

「あら、ごめんなさい、ジョージちゃん」

「冗談だよ。僕フレッドさ」

と言うと、男の子は歩き出した。双子の片方が後ろから「急げ」と声をかけた。一瞬のうちにフレッドの姿は消えていた……でも、いったいどうやったんだろう?

今度は三番目の男の子が改札口の柵に向かってキビキビと歩きだした――そのあたりに着いた――と思ったら、またしても急に影も形もない。

こうなったら他に手はない。

「すみません」

ハリーはふっくらおばさんに話しかけた。

「あら、こんにちは。坊や、ホグワーツへは初めて?ロンもそうなのよ」

おばさんは最後に残った男の子を指さした。背が高く、やせて、ひょろっとした子で、そばかすだらけで、手足が大きく、鼻が高かった。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量