您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第6章从943站台开始的旅程5

时间:2012-11-22 11:10:19  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

パーシーがいなくなると、次に母親は双子に言った。

「さて、あなたたち……今年はお行儀よくするんですよ。もしも、またふくろう便が来て、あなたたちが……あなたたちがトイレを吹き飛ばしたとか何とかいったら……」

「トイレを吹っ飛ばすだって?僕たちそんなことしたことないよ」

「すげえアイデアだぜ。ママ、ありがとさん」

「バカなこと言わないで。ロンの面倒見てあげてね」

「心配御無用。はなたれロニー坊やは、僕たちにまかせて」

「うるさい」

とロンがまた言った。もう双子と同じぐらい背が高いのに、お母さんに擦られたロンの鼻先はまだピンク色だった。

「ねえ、ママ。誰に会ったと思う?今列車の中で会った人、だーれだ?」

ハリーは自分が見ていることにみんなが気がつかないよう、あわてて身をひいた。

「駅でそばにいた黒い髪の子、覚えてる?あの子はだーれだ?」

「だあれ?」

「ハリー·ポッター!」

ハリーの耳に女の子の声が聞こえた。

「ねえ、ママ。汽車に乗って、見てきてもいい?ねえ、ママ、お願い……」

「ジニー、もうあの子を見たでしょ?動物園じゃないんだから、ジロジロ見たらかわいそうでしょう。でも、フレッド、ほんとなの?なぜそうだとわかったの?」

「本人に聞いた。傷跡を見たんだ。ほんとにあったんだよ……稲妻のようなのが」

「かわいそうな子……どうりで一人だったんだわ。どうしてかしらって思ったのよ。どうやってプラットホームに行くのかって聞いた時、本当にお行儀がよかった」

「そんなことはどうでもいいよ。『例のあの人』がどんなだったか覚えてると思う?」

母親は急に厳しい顔をした。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量