您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第6章从943站台开始的旅程9

时间:2012-11-28 10:39:50  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

「ウエー、ほらね?芽キャベツだよ」

二人はしばらく百味ビーンズを楽しんだ。ハリーが食べたのはトースト味、ココナッツ、前り豆、イチゴ、カレー、草、コーヒー、いわし、それに大胆にも、ロンが手をつけようともしなかったへんてこりんな灰色のビーンズの端をかじってみたら胡椒味だった。

車窓には荒涼とした風景が広がってきた。整然とした畑はもうない。森や曲がりくねった川、うっそうとした暗緑色の丘が過ぎていく。

コンパートメントをノックして、丸顔の男の子が泣きべそをかいて入ってきた。九と四分の三番線ホームでハリーが見かけた子だった。

「ごめんね。僕のヒキガエルを見かけなかった?」

二人が首を横に振ると、男の子はメソメソ泣き出した。

「いなくなっちゃった。僕から逃げてばっかりいるんだ!」

「きっと出てくるよ」ハリーが言った。

「うん。もし見かけたら……」男の子はしょげかえってそう言うと出ていった。

「どうしてそんなこと気にするのかなあ。僕がヒキガエルなんか持ってたら、なるべく早くなくしちゃいたいけどな。もっとも、僕だってスキャバーズを持ってきたんだから人のことは言えないけどね」

ねずみはロンの膝の上でグーグー眠り続けている。

「死んでたって、きっと見分けがつかないよ」ロンはうんざりした口調だ。

「きのう、少しはおもしろくしてやろうと思って、黄色に変えようとしたんだ。でも呪文が効かなかった。やって見せようか――見てて……」

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量