您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第8章魔药课老师2

时间:2012-12-19 10:58:21  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

水曜日の真夜中には、望遠鏡で夜空を観察し、星の名前や惑星の動きを勉強しなくてはならなかった。週三回、ずんぐりした小柄なスプラウト先生と城の裏にある温室に行き、「薬草学」を学んだ。不思議な植物やきのこの育て方、どんな用途に使われるかなどを勉強した。

なんといっても一番退屈なのは「魔法史」で、これは唯一、ゴーストが教えるクラスだった。ビンズ先生は昔、教員室の暖炉の前で居眠りをしてしまい、その時にはすでに相当の歳だったのだが、翌朝起きてクラスに行くときに、生身の体を教員室に置き去りにしてきてしまったのだ。先生がものうげに一本調子で講義をする間、生徒たちは名前や年号をノートに採ったが、悪人エメリックと奇人ウリックを取り違えてしまったりするのだった。

「呪文学」はフリットウィック先生の担当だった。ちっちゃな魔法使いで、本を積み上げた上に立ってやっと机越しに顔が出るほどだった。最初の授業で出席を取っていた時、ハリーの名前までくると興奮してキャッと言ったとたん、転んで姿が見えなくなってしまった。

マクゴナガル先生はやはり他の先生とは違っていた。逆らってはいけない先生だというハリーの勘は当たっていた。厳格で聡明そのものの先生は、最初のクラスにみんなが着席するなりお説教を始めた。

「変身術は、ホグワーツで学ぶ魔法の中で最も複雑で危険なものの一つです。いいかげんな態度で私の授業を受ける生徒は出ていってもらいますし、二度とクラスには入れません。初めから警告しておきます」

それから先生は机を豚に変え、また元の姿に戻してみせた。生徒たちは感激して、早く試したくてウズウズした。しかし、家具を動物に変えるようになるまでには、まだまだ時間がかかることがすぐわかった。さんざん複雑なノートを採った後、一人一人にマッチ棒が配られ、それを針に変える練習が始まった。授業が終わるまでにマッチ棒をわずかでも変身させることができたのは、ハーマイオニー?グレンジャーただ一人だった。マクゴナガル先生は、クラスの全員に、彼女のマッチ棒がどんなに銀色で、どんなに尖っているかを見せた後、ハーマイオニーの方にめったに見せないほほえみを見せた。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量