您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第14章挪威脊背龙—诺伯4

时间:2013-03-08 10:52:52  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

「もうすぐ出てくるぞ」と三人を招き入れた。

卵はテーブルの上に置かれ、深い亀裂が入っていた。中で何かが動いている。コツン、コツンという音がする。

椅子をテーブルのそばに引き寄せ、みんな息をひそめて見守った。

突然キーッと引っ掻くような音がして卵がパックリ割れ、赤ちゃんドラゴンがテーブルにポイと出てきた。可愛いとはとても言えない。シワクチャの黒いこうもり傘のようだ、とハリーは思った。やせっぽちの真っ黒な胴体に不似合いな、巨大な骨っぽい翼、長い鼻に大きな鼻の穴、こぶのような角、オレンジ色の出目金だ。

赤ちゃんがくしゃみをすると、鼻から火花が散った。

「すばらしく美しいだろう?」

ハグリッドがそうつぶやきながら手を差し出してドラゴンの頭をなでようとした。するとドラゴンは、とがった牙を見せてハグリッドの指にかみついた。

「こりゃすごい、ちゃんとママちゃんがわかるんじゃ!」

「ハグリッド。ノルウェー·リッジバック種ってどれくらいの早さで大きくなるの?」

ハーマイオニーが聞いた。

答えようとしたとたん、ハグリッドの顔から血の気が引いた――はじかれたように立ち上がり、窓際にかけ寄った。

「どうしたの?」

「カーテンのすき間から誰かが見ておった……子供だ……学校の方へかけて行く」

ハリーが急いでドアにかけ寄り外を見た。遠目にだってあの姿はまぎれもない。マルフォイにドラゴンを見られてしまった。

次の週、マルフォイが薄笑いを浮かべているのが、三人は気になって仕方がなかった。暇さえあれば三人でハグリッドのところに行き、暗くした小屋の中でなんとかハグリッドを説得しようとした。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量