您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第15章禁林8

时间:2013-03-27 10:27:51  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

何分経ったろう。時間が長く感じられる。聴覚がいつもより研ぎ澄まされているようだ。ハリーにはどんな風のそよぎも、どんな細い小枝の折れる青も聞こえるような気がした。何があったんだろう?向こうの組はどこにいるんだろう?やっとバリバリというものすごい音が聞こえ、ハグリッドが戻ってきた。マルフォイ、ネビル、ファングを引き連れている。ハグリッドはカンカンに怒っている。どうやらマルフォイが、こっそりネビルの後ろに回ってつかみかかるという悪ふざけをしたらしい。ネビルがパニックに陥って火花を打ち上げたのだ。

「お前たち二人がバカ騒ぎしてくれたおかげで、もう捕まるものも捕まらんかもしれん。よーし、組分けを変えよう……ネビル、俺と来るんだ。ハーマイオニーも。ハリーはファングとこの愚かもんと一緒だ」

ハグリッドはハリーだけにこっそり耳打ちした。

「スマンな。おまえさんならこやつもそう簡単には脅せまい。とにかく仕事をやりおおせてしまわないとな」

ハリーはマルフォイ、ファングと一緒にさらに森の奥へと向かった。だんだんと森の奥深くへ、三十分も歩いただろうか。木立がビッシリと生い茂り、もはや道をたどるのは無理になった。ハリーには血の滴りも濃くなっているように思えた。木の根元に大量の血が飛び散っている。傷ついた哀れな生き物がこの辺りで苦しみ、のた打ち回ったのだろう。樹齢何千年の樫の古木の枝がからみ合うそのむこうに、開けた平地が見えた。

「見て……」ハリーは腕を伸ばしてマルフォイを制止しながらつぶやいた。

地面に純白に光り輝くものがあった。二人はさらに近づいた。

まさにユニコーンだった。死んでいた。ハリーはこんなに美しく、こんなに悲しい物を見たことがなかった。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量