您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 天声人语 > 正文

中日对照"天声人语":暮春的冷雨

时间:2013-04-22 16:09:27  来源:天声人语  作者:dodofly 收藏  [网页划词已启用]

春暑し、とつぶやきたくなった一昨日と打って変わり、きのうは昼もやや肌寒かった。いい頃合いと聞いて、東京都文京区の根津神社につつじを見に行った。境内の一角、2千坪のつつじ苑(えん)に実に100種類、3千株が咲き競っている

令人想抱怨的春暑在前天大变脸,昨天,即便是在白天也觉得有点冷。听说现在正是杜鹃花期,所以我去了东京都文京区的根津神社赏花。处于院内一角的2000坪杜鹃园,实际上有100个品种,3000株杜鹃竞相开放。

▼下から見上げたときはそれほどでもないが、丘に上がって全容を見下ろしてみると壮観である。早咲き、中咲き、遅咲きの別があり、場所によって見栄えが変化する。200円を寄進して苑内に入るのと入らないのとでは随分違うと納得した

▼从下往上观瞧时并不觉得如何,可当你登高俯瞰全貌确是十分壮观。不仅有早开、中开和晚开之别,而且因场地的不同可看美景也各有差异。我总算明白了,奉上200日元善款进入苑内观赏与不入苑内还真是大不一样。

▼今年は桜が早かったが、つつじも同じ。神社の職員によれば「例年より10日ほど、異常なくらい早い」。遅咲きはこれからとはいえ、それでも月末からの連休を待たずにほぼ落ちてしまうだろうという。春がせわしなく暮れゆこうとしている

▼今年的樱花提早开放了,杜鹃花也是一样。根据神社工作人员说,“比往年提早了10天左右,早的有点异常了”。虽说晚开的品种现在才开放,但是即便如此不等月底的连休就差不多凋谢完了。春天正匆匆而逝。

▼季節の移り変わりについて『徒然草(つれづれぐさ)』はいう。〈春暮れてのち、夏になり、夏果てて、秋の来るにはあらず〉。一つの季節が終わるのを待って、次がやってくるのではない。兼好法師は続ける。〈春はやがて夏の気を催し、夏より既に秋は通い……〉。兆した夏が、いつか春を追い払う。自然の息遣いとはそういうものか

▼有关季节变化,《徒然草》云<并非春暮入夏,夏尽秋来……>,即并不是等到一个季节终了之后,下一个季节才来临。兼好法师接着道,<春渐催夏气,夏既通秋意(春季渐渐营造着夏日的氛围,夏天也掺杂着秋意)……>夏日的征兆在不知不觉中将春光荡涤殆尽,或许所谓自然的气息就是如此吧。

▼暮春(ぼしゅん)という言葉に心ひかれるものがある。春の終わりの近い時節のことを本来いうが、暮れ泥(なず)む春の日の夕刻という含みを感じとってもいい。季節の変わり身の妙を巧みにあらわして味わい深い

▼暮春这一词语吸引着人们。原本指的是接近春日结束的时节,但感受到偏爱春日黄昏时的含义亦是不错。巧妙地表现出季节转变的细腻,意味深长。

▼予報によればこの週末、広範囲で天気が崩れ、気温が下がるという。暮春を濡(ぬ)らす冷たい雨である。

▼据气象预报称,本周末将出现一次大范围的天气动荡,气温下降,并将迎来一场滋润暮春的冷雨。

相关阅读

发布评论我来说2句

无觅相关文章插件,快速提升流量