您现在的位置:首页 > 日语歌曲 > 影视音乐 > 正文

日剧音乐:The SHIGOTONIN09冬日剧《必杀仕事人2009》主题曲鏡花水月

时间:2009-08-05 22:34:08  来源:可可日语  作者:alex收藏  [网页划词已启用]

テレビ朝日系电视剧「必杀仕事人2009」(1月9日开始播出)的主题歌,将由主演东山纪之、松冈昌宏和関ジャニ∞的大仓忠义合唱,组合名为「The SHIGOTONIN」。3人合唱的这首曲名为「镜花水月」,是一首描述人生无常的歌曲,且交织着哀愁的旋律,以johnnys之前那队限定组合修二と彰(龟梨和也和山下智久)的大热曲「青春アミーゴ」为目标。东山表示“这首歌能跟『仕事』合作,和电视剧搭配一定会有更好的效果。” 从电视剧中跳脱出来,这“三个仕事人”将主要面向成人市场,希望新歌能在成人的世界锨起一阵热潮。

歌曲名为“镜花水月”,该词的本意是说镜子里所映射出来的美丽花朵,以及水中倒映的美丽月亮,这次都是只能够眼见,却触摸不到的虚幻景象而已。“人们在相遇与分离里反复里,在相爱里体验着喜悦、哀愁、与悲伤,无论是谁都是如此这般的存活在世上。”这首歌所唱的所要表达的就是这份“虚幻无常”。

歌词

鏡花水月 - The SHIGOTONIN

作詩:Satomi 作曲:大智

琥珀の月が浮かぶ 水面を駆け抜ける風
紅椿を落とし行きました
波紋は広がりつつ消えてゆくその姿は
まるで叶わぬ恋のようです惚

出逢いと別れをこの人生で繰りかえし
愛に生きて愛に恨み溺れゆく
誰かに愚かだと笑われたとしても
愛に生きて愛に死ねたなら

浮き世はまるで鏡花水月
触れようとするたび
泡沫の夢を見るのでしょう

琥珀の月を掠め 水面をそっと舐めるように
落椿は流れ行きました
逆らう術も知らず 身をまかすその姿は
まるで宿命の愛のようです

出逢いと別れをこの人生で繰りかえし
愛に生きて愛に死ねたなら

涙でにじむ鏡花水月
人は知らぬまに
現と夢幻を知るのでしょう

出逢いと別れをこの人生で繰りかえし
愛に生きて愛に恨み溺れゆく
誰かに愚かだと笑われたとしても
愛に生きて愛に死ねたなら

浮き世はまるで鏡花水月
触れようとするたび
泡沫の夢を見るのでしょう
泡沫の夢を見るのでしょう

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量