您现在的位置:首页 > 日语影视 > 日剧专区 > 日剧学习 > 正文

经典台词:《一公升的眼泪》励志生活篇(2)

时间:2011-12-09 10:21:50  来源:可可日语  作者:angelj收藏  [网页划词已启用]

「お母さん?お父さん?先生?私、结婚出来る?そうだよね。でも、それでも、いつか、いつかがきたら、お花いっぱいに囲まれて、眠り続けたい。」

妈妈……我可以结婚吗?……我就知道……但是,就算这样,总有一天,想在鲜花的簇拥下安静地沉睡下去

病気は、どうして私を选んだのだろう。运命なんていう言叶では、片付けられないよ。

病魔为什么选择了我?命运这样的字眼,无法让人接受。

胸に手を当てる。ドキドキ音がする。嬉しいな。私は生きている。』 

把手放在胸口,感觉到心跳,真开心我还活着
现実があまりにも残酷で きびしすぎて 梦さえ与えてくれない 将来を想像すると また别の涙が流れる

现实太残酷,太严峻我似乎都没有,梦想的权利想起未来泪水又不禁涌出来

なあんてかっこいいことが言えるようになるには1リットルの涙が必要だった

直到我能这样微笑着说话为止 我至少需要一公升的眼泪 

いいじゃないか、転んだだって、また起き上がればいいだから。 転んだついでに,空を见上げれば青い空が,今日も限りなく広がって微笑んでいる

跌倒后可以顺便仰望一下天空,蓝蓝的天啊!今天在无限延伸的对我微笑,我还活着。

でも、もし…もしも…あたしの体、使ってね。病気の原因、见つけてね。同じ、病気の人の、役に、立ちたい。

如果……就用我的遗体,找到病的原因,我想为别人做点事

足を止めて、今を生きよう。いつか失ったとしても、谛めた梦は、谁かにゆだねたっていいじゃないか。

停下脚步,活在当下,就算即将失去放弃的梦想,让谁接着做又有什么不好呢?

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量