您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 白夜行 > 正文

东野圭吾推理经典:《白夜行》第五章--第⑤回

时间:2011-12-05 14:03:44  来源:可可日语  作者:Anna收藏  [网页划词已启用]

【作品简介】

少年は幼い顷、初恋の少女を助けるために父杀しに手を染めた。少女は、その少年をかばうために母を手にかけた。それからの14年间、ふたりは手に手をとって生きていく。
人生のすべてを捧げ続けた少年と、すべてをかけて答え続けた少女。その姿を「爱」と呼ばずして、一体何を「爱」と呼ぶのか。「残酷で、孤独で、纯粋な」2人の14年の爱の奇迹を描く。

原作は55万部を売り上げた东野圭吾の名作『白夜行』

ストーリーは、
1973年、大阪の廃墟ビルで一人の质屋が杀される!!
容疑者は次々に浮かぶが、结局、事件は迷宫入りする。

被害者の息子・桐原亮司と、「容疑者」の娘・西本雪穂----

暗い眼をした少年と、并外れて美しい少女は、その后、
全く别々の道を歩んで行く。
二人の周囲に见え隠れする、几つもの恐るべき犯罪。
だが、何も「证拠」はない。

 

 

そして十九年・・・・。

息诘まる精致な构成と、叙事的スケール。

心を失った人间の悲剧を描く、杰作ミステリー长编!!

东野圭吾さんの数々の作品の中で、

杰作中の杰作と言われる、

本作品!!

ぜひ、おすすめいたします!!  

  

    \

上一页 [1] [2] [3] 下一页

相关阅读

文章总排行

本月文章排行

无觅相关文章插件,快速提升流量