您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 综合日语泛读 > 正文

直击奥运:从第4到第2 男子体操团体赛后的感言

时间:2012-07-31 11:13:08  来源:读卖新闻  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

      内村航平是体操世家出身,3岁开始练习体操,自己家里就是开体操俱乐部的。良好的环境、出色的身体条件以及刻苦努力,让他迅速成长为冢原直也和富田洋之之后,日本体操队的下一代领军人物。

   男子体操団体で銀メダルを獲得した内村航平「僕のあん馬を終えて、4位と表示され、言葉も出なかった。今まで何をやって来たんだろうという思いがこみ上げてきた。2位にはなったが、正直、2位でも4位でも変わらなかった。後味の悪いチーム戦だった。(表彰台は)本当に4年前とまったく同じ。4年前も銀を見つめ、中国の金を見つめていたのを思い出した。最後のあん馬は、イギリス(の選手)と(順番が)かぶって、歓声が少し気になってしまった。地元の波に少し飲まれた気がする」

      男子体操团体赛获得银牌的内村航平赛后表示:“我的鞍马比完后,排名显示的是第4,当时真是哑口无言了。当时我就在想到现在我到底是来干什么的。后来经过申诉我们变成了第2名,但说实话,无论是第2还是第4,其实没什么变化。这真是糟糕的团体赛。领奖台上完全和4年前一样。4年前就是银牌,中国是金牌。最后的鞍马比赛时,正好有英国选手参加比赛,当时的欢呼声多少还是影响到了自己。感觉像是被他们吞没一般。”

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量