您现在的位置:首页 > 日语考试 > 日语一级考试 > 一级阅读 > 正文

日本语能力测试一级阅读模拟:第13篇

时间:2011-03-29 14:43:17  来源:小语种  作者:nvwu收藏  [网页划词已启用]

 一次の文章を読んで。後の問いに答えなさい。答えは、1,2,3,4から最も適当なものを一つ選びなさい。

  東海道新幹線の「のぞみ」は東京と大阪の間を二時間半で突っ走る。「ひかり」より三十分近く短縮ということになった。午前六時東京発の下り列車は「明のビジネス超特急」と呼ばれているそうだ。
  同乗記を読み。①面白いような悲しいような心地になった。乗客の八割は背広姿にかばんを提げた会社員風の男たちだという。五時ごろには起きたはずだ。発車とともに弁当を買い、そそくさと朝食。富士山が大きく見えるころには大半が就寝。「窓の外を見ても速すぎる。食うものを食って寝るだけ」だそうな。
  乗務員も忙しい。時間との闘いだ。車内販売の女性は。外の風景をみて、それを時間の流れの目安西ながら仕事をした。今度はそれで目算が狂う。そこで景色は見ないことにした。速さの感覚に慣れた「ひかり」に乗務すると、②ほっとするそうだ。そうだろう。
  ③そうではあろうが、人々は、ふしぎなもので「のぞみ」にもまだ、いつのまにかなれるに違いない。どこまで忙しさに慣れてゆけば、人間は気がすむのだろうか。便利なものができ、④それに順応でくるのは結構だが、人間が道具に使われることにはならないか。
  ⑤浅見祐三賛から聞いた話を思い出す。浅見さんは東京の牧師さんだ。長年インドネシアはスマトラ島のランプン州に住んで伝道をしていた。ある時。急いで三ヶ所に書類を届けなければならぬ用事ができた。五十がらみのスプリアデさんが仕事を買って出た。
  自転車で三ヶ所、二十キロほどを回る。帰って来た彼が、なぜか静かで、ぼんやりしている。具合でも悪いのかと、わけをきくと、こう言ったそうだ。「速く回りすぎました。身は帰って来たんですが、魂がまだ帰ってきていないんで。」
  私たちの戦後をも見ずに全力疾走、まだ走っている。
  速すぎて、魂を置き忘れたりしなければ良いが。

  問1「面白いような悲しいような心地になった」とあるが、なぜそのような気持ちになったのか。
  1「のぞみ」が二時間半で東京と新大阪の間を走るから。
  2乗客が景色も見ずに、弁当をたべたらすぐ寝てしまうから。
  3乗務員が時間と闘って、車内販売をしているから。
  4「のぞみ」の速度にいつか人が慣れてしまうだろうから。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量