您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 综合日语泛读 > 正文

双语阅读:一个日本人的趣味中国行(丽江篇)7

时间:2013-01-11 11:25:15  来源:龙腾网  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

这是一个日本人在博客中发的旅行小记,该博客名字为“中国初恋”。博客作者从南非出发,中途经过23个国家,来到中国。中国是他的最后一站。

あのー。この推薦コメントノートが出て来ると一気にあやしくなるんですけど。しかも社長とか弁護士の名刺を、なぜ見せる。権威づけですね? 「わしにはそんな凄い患者さんが沢山いるんだよ」ということだと思うけど、偉い人の個人情報が全部この悪者の貧乏人(オレ)に漏れてますけど。とりあえず電話番号とかメモっとこうかな……。いつか何かに(身代金要求とか)に使えるかもしれないからな……。

「ほら、鉛筆じゃ」

「あ、どうも。なんですかこれ」

「おまえも、早速そのノートに推薦コメントを書くのじゃ」

「はいわかりました。えーと、このドクターは噂通りの名医で……、って書けるわけねーだろっっ!!! オレまだ3分前にここに来たばっかり!!!」

この診療所に着いてほんの数分、ひとつも診察が済んでいないというか始まってもいないのに、いきなり推薦コメントを書くように要求して来るじいさんドクター。無茶言うなよあんた。オレはまだここに来て健康茶を出してもらっただけだぞ。

「あのドクター。推薦コメントというものは、ドクターの診察を受けて満足して初めて書けるものではないでしょうか? 僕はお茶飲んで推薦文書くためだけに1時間も自転車漕いで来たわけじゃないんですから」

「あっそう。書かないの?」

「だから後で書くんですっ!! 逆に今何を書けというんですかっ!!!」

「細かいのう。みんな書いてくれるのに。それじゃこっちにおいで」

「イエッサー!」

ということで他の客は誰もいないため、待ち時間無しでオレはスーパードクターの診察を受けられることになった。

通されたのは、診察室とか医務室というところではなく、漢方薬の保管庫といった印象の漢方部屋である。床や壁の棚に、所狭しと漢方薬の粉が満タンに入ったバケツが並んでいる。それぞれの漢方薬に漢字で名前の書かれた紙の札が刺さっているが、バケツには蓋が無く衛生面が非常に気になる。

まあでも、神医だし……。きっとこれらの漢方を出す時には、「汚れた漢方薬を飲んでも体が悪くならない漢方薬」も一緒に処方してくれるんだろう。

「それでは診てしんぜよう。手を出しなさい」

「こんな部屋の片隅で立ち話もなんですが、まあいいです。手を出します」

ドクターは先ずオレの腕を取って脈を計り、続いて「あかんべー」とまぶたの下を引っ張って眼をチェック、更に舌もペロリンチョ!と出させて鋭くオレの健康状態を観察した。

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量