您现在的位置:首页 > 走进日本 > 时事 > 正文

日本便利店推出移动贩卖车 方便灾区人民

时间:2011-09-09 15:15:42  来源:读卖新闻  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

東日本大震災の被災地や全国の過疎地で、ふだんの買い物をする店が近くになく、困っている人に利用してもらおうと、大手コンビニチェーン「ファミリーマート」は、移動して商品を販売する専用の車を開発し、今年度中に全国でおよそ100台の導入を目指すことになりました。

为了方便在东日本地震的受灾地区和国内人口稀疏的地区,苦于离商店远的人们,日本大型便利连锁店“家庭商业中心”开发了可移动的专用贩卖车,并预计今年在全国将有100台贩卖车投入使用。

\

ファミリーマートが、8日、公開した移動販売車は、近くにスーパーなどがなく、ふだんの買い物に困っているいわゆる「買い物弱者」に利用してもらおうと、3トントラックを改造して開発されました。冷蔵ケースや発電機を備えており、弁当や生鮮食品、それに日用品などを販売する計画で、品ぞろえはおよそ300種類と、通常のコンビニの10分の1程度ですが、需要の高いものはカバーしているということです。

8日,家庭商业中心表示,公开的移动贩卖车,不会用于靠近超市商场的地方,而是为购物不方便的人群使用。这样的贩卖车都是由3吨的卡车改造的。贩卖车里备有冷藏柜和发电机,包括便当、新鲜食品和日用品在内大概有300多种商品。虽然规模只有普通便利店的10分之1,但对于一些需求量大的商品还是十分充足的。

\

震災の被災地では店舗の復旧が進んでおらず、移動販売への需要が高まっています。また、店舗を出しても採算の取れない過疎地などでも、高い需要があるとみられています。ファミリーマートでは、この車を、9月中旬以降、東日本大震災の被災地にまず3台配備し、今年度中に全国でおよそ100台を配備したいとしています。ほかの大手コンビニチェーンも移動販売の事業を始めています。ファミリーマートの高田基生常務執行役員は「今後は、利用者のニーズを聞きながら、品ぞろえを充実させるなどしてコンビニの利便性を感じてもらえるようにしたい」と話しています。

受灾地区虽然在不断推进店铺的恢复,但是仍然需要大量的贩卖车。在开店无法收回成本的人口稀少的地区,需求量尤为大。家庭商业中心表示i,9月中旬以后先在地震中受灾的地区配备3台贩卖车,然后再在全国范围内配备100台。其他的大型便利连锁店也开始着手移动贩卖机的项目。家庭商业中心的常务执行负责人高田基生说道:“今后,也要一边听取消费者的需要,一边不断补充商品,从而让消费者感受到便利店的便利性。” 

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量