您现在的位置:首页 > 走进日本 > 历史 > 正文

穿越历史 探寻日本人的祖先

时间:2011-10-24 14:41:57  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

現在の日本人の原型とされる人類は約1万8000年くらい前、日本にやってきたと見られている。この時代は、氷河期の最も寒かった時期に当たっており、海面が現在よりも140mほど下がっていたため、当時の食料であったマンモスを追って全地球的規模で民族移動が行われ、モンゴロイドが北米、南米にも渡った時期である。

一般认为,现代的日本人的祖先,大约是在1万8千年前来到日本的。这个时期正值冰河期最寒冷的时候,海平面也比现在低约140米。人类为了追捕当时作为食物的长毛象,展开了全球性的大迁徙,这个时期蒙古人种甚至还来到了北美和南美。

\

日本周辺では間宮、宗谷、津軽、対馬の各海峡や黄海、琉球列島などが陸続きになり、このため北方からは、寒い気候に適応した、顔の凹凸が少ない、身長も低い新モンゴロイドが、南方からは、アジア大陸南部に広く住んでいた丸顔の古モンゴロイドが渡ってきた。この二つはやがて混交して、やや新モンゴロイドの特徴が濃く古モンゴロイドの特徴もあわせ持つ「原日本人」が生み出された。身体的な特徴は、丸顔で、背が低い、多毛性の人種である。

日本周边的间宫、宗谷、津轻、对马等海峡以及黄海、琉球群岛等,原来与大陆毗邻。从北方迁来的新蒙古人种,他们适应寒冷气候,脸部轮廓较平,身材矮小;由南方迁来的则是圆脸的古蒙古人种,他们遍布在亚洲大陆南部。不久这两种人便杂居混合,产生了兼有新蒙古人种特征和古蒙古人种特征的“原日本人”,其身体特征为圆脸、矮个、多毛。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量