您现在的位置:首页 > 走进日本 > 时事 > 正文

日本福岛除染工作人员证实回收污染物品处理不当

时间:2013-01-10 14:56:05  来源:百度搜索  作者:angelj收藏  [网页划词已启用]

<除染作業員証言>枝葉「その辺に」 洗浄「流しっぱなし」 
 
日本の毎日新聞によると、東京電力福島第1原発事故を受けた国の直轄除染で集めた枝葉や汚染水を川などに捨てる不適切処理が明らかになり、環境省が実態調査に乗り出した問題で、現場の男性作業員が毎日新聞の取材に応じた。作業員は「そもそも仮置き場が足りない。『置くところがないから仕方ないべ』と捨てることが日常茶飯事になっている」などと証言した。 
  
作業員は昨年秋から福島県川内村などで除染作業に従事し、放射線のモニタリングなどを担当。元請けは大手ゼネコンで、工区ごとに下請けがあり、さらに2次、3次下請けとして中小の事業主や地元業者で作る組合などが入っているという。 
  
作業員によると、集めた枝葉は本来なら「フレキシブルコンテナバッグ」と呼ばれるブルーの袋などに入れて仮置きする。「でも仮置き場の場所がなくなっていて、枝葉を袋に回収しないでその辺に捨てることもある。 
\

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量