您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 综合日语泛读 > 正文

双语阅读:欧亨利短篇小说《改邪归正》第三回

时间:2012-11-05 15:49:41  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

 ジミィは、銀行の石段の上でぶらついていた少年を、俺は株主だぞといわんばかりの態度で捕まえ、この町のことをいくつか訊ねた。話の間に、ときどき一〇セント玉をやった。やがて若い女が出てきて、スーツ·ケースを持った青年なんて見向きもしないとばかりに、たおやかに歩いていった。

「あの人は、ポリィ·シンプソンじゃなかったっけ。」とジミィはそれらしく聞いてみた。

 少年は、「いいや、あの人はアナベル·アダムズっていうんだ。親父はこの銀行のオーナーだよ。あんた、何しにエルモアへ来たわけさ。金の時計鎖をつけてるっしょ。おれ、ブルドッグが欲しいんだよね。もう一〇セント玉ないの?」

 ジミィはプランターズ·ホテルへ行き、宿帳にはラルフ·D·スペンサーと書き込んで、一部屋借りた。フロントによりかかって、フロント係に自分の用件を話す。自分がエルモアにやってきたのは、商売をする場所を探してなんだ、この町では、靴屋ってどんな感じだね? 靴屋をやろうと思ってるんだけど、うまく入り込めるかな?

 フロント係はジミィの服や身のこなしに感心していた。彼自身、エルモアでちょっと金のある若者たちから、ファッションに関しては一目置かれていたのだけど、今、自分に欠けているところがわかった。ジミィのネクタイの結び方をおぼえようとしながら、フロント係は快く情報を提供した。

 そうですね、靴屋でしたら、うまく入り込めるんじゃないでしょうか。この町には、ちゃんとした靴屋が一軒もないんですよ。衣料品店兼雑貨屋が扱ってるだけでして。どんな商売をしても、うまくいくと思います。スペンサーさん、エルモアに落ち着いてみてはいかがですか。いい町ですし、みんないい人ですよ。

 スペンサー氏は、数日この町に滞在して、様子を見たい、と言った。いいや、ボーイを呼ばなくていいよ。このスーツ·ケースは自分で運ぶから。ちょっと重いんだ。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量