双语阅读:《哈利波特与魔法石》第16章 穿越活板门3--双语|阅读|哈利波特|魔法_可可日语
您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第16章 穿越活板门3

时间:2013-04-17 17:30:44  来源:可可日语  作者:dodofly 收藏  [网页划词已启用]

三人はスネイプをじっと見つめた。
「諸君、こんな日には室内にいるもんじゃない」
スネイプはとってつけたようなゆがんだほほえみを浮かべた。
「僕たちは……」
ハリーは、その後何を言ったらよいのか考えつかなかった。
「もっと慎重に願いたいものですな。こんなふうにウロウロしているところを人が見たら、何か企んでいるように見えますぞ。グリフィンドールとしては、これ以上減点される余裕はないはずだろう?」
ハリーは顔を赤らめた。三人が外に出ようとすると、スネイプが呼び止めた。
「ポッター、警告しておく。これ以上夜中にうろついているのを見かけたら、我輩が自ら君を退校処分にするぞ。さあもう行きたまえ」
スネイプは大股に職員室の方に歩いていった。
人口の石段のところで、ハリーは二人に向かって緊迫した口調でささやいた。
「よし。こうしよう。誰か一人がスネイプを見張るんだ……職員室の外で待ち伏せして、スネイプが出てきたら跡をつける。ハーマイオニー、君がやってくれ」
「何で私なの?」
「あたりまえだろう」ロンが言った。
「フリットウィック先生を待ってるふりをすればいいじゃないか」
ロンはハーマイオニーの声色を使った。
「ああ、フリットウィック先生。私、14bの答えを間違えてしまったみたいで、とっても心配なんですけど……」
「まあ失礼ね。黙んなさい!」
それでも結局ハーマイオニーがスネイプを見張ることになった。
「僕たちは四階の例の廊下の外にいよう。さあ行こう」とハリーはロンを促した。
だがこっちの計画は失敗だった。フラッフィーを隔離しているドアの前に着いたとたん、またマクゴナガル先生が現れたのだ。今度こそ堪忍袋の緒が切れたようだ。
「何度言ったらわかるんです!たとえ私でも破れないような魔法陣を組んでいるとお思いですかー」とすごい剣幕だ。
「こんな愚かしいことはもう許しません!もしあなたたちがまたこのあたりに近づいたと私の耳に入ったら、グリフィンドールは五十点減点です!ええ、そうですとも、ウィーズリー。私、自分の寮でも減点します!」
ハリーとロンは寮の談話室に戻った。
「でも、まだハーマイオニーがスネイプを見張ってる」とハリーが言ったとたん、太った婦人の肖像画がバッと開いてハーマイオニーが入ってきた。
「ハリー、ごめんー」オロオロ声だ。
「スネイプが出てきて、何してるって開かれたの。フリットウィック先生を待ってるって言ったのよ。そしたらスネイプがフリットウィック先生を呼びに行ったの。だから私、ずっと捕まっちゃってて、今やっと戻ってこれたの。スネイプがどこに行ったかわからないわ」
「じゃあ、もう僕が行くしかない。そうだろう?」とハリーが言った。
あとの二人はハリーを見つめた。蒼白な顔に緑の目が燃えていた。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

发布评论我来说2句

无觅相关文章插件,快速提升流量