双语阅读:《哈利波特与魔法石》第16章 穿越活板门5--双语|阅读|哈利波特|魔法_可可日语
您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第16章 穿越活板门5

时间:2013-04-19 17:38:58  来源:可可日语  作者:dodofly 收藏  [网页划词已启用]

ハリーはまだ横笛を吹いていたが、ロンに手で合図をし、自分自身を指さした。
「君が先に行きたいのかい?本当に?」とロンが言った。
「どのくらい深いかわからないよ。ハーマイオニーに笛を渡して、犬を眠らせておいてもらおう」
ハリーは横笛をハーマイオニーに渡した。ほんのわずか音が途絶えただけで、犬はグルルとうなり、ぴくぴく動いた。ハーマイオニーが吹き始めると、またすぐ深い眠りに落ちていった。
ハリーは犬を乗り越え、仕掛け扉から下を見た。底が見えない。
ハリーは穴に入り、最後に指先だけで扉にしがみつき、ロンの方を見上げて言った。
「もし僕の身に何か起きたら、ついてくるなよ。まっすぐふくろう小屋に行って、ダンブルドア宛にヘドウィグを送ってくれ。いいかい?」
「了解」
「じゃ、後で会おう。できればね……」
ハリーは指を離した。冷たい湿った空気を切って、ハリーは落ちて行った。下へ……下へ……下へ……そして――
ドシン。奇妙な鈍い音をたてて、ハリーは何やら柔らかい物の上に着地した。ハリーは座り直し、まだ目が暗闇に慣れていなかったので、あたりを手探りで触った。何か植物のようなものの上に座っている感じだった。
「オーケーだよ!」
入口の穴は切手ぐらいの小ささに見えた。その明かりに向かってハリーが叫んだ。
「軟着陸だ。飛び降りても大丈夫だよ!」
ロンがすぐ飛び降りてきた。ハリーのすぐ隣に大の字になって着地した。
「これ、なんだい?」ロンの第一声だった。
「わかんない。何か植物らしい。落ちるショックを和らげるためにあるみたいだ。さあ、ハーマイオニー、おいでよ!」
遠くの方で聞こえていた笛の音がやんだ。犬が大きな声で吠えている。でもハーマイオニーはもうジャンプしていた。ハリーの脇に、ロンとは反対側に着地した。何故かじっと横笛を凝視して顔が赤い。
「ここって、学校の何キロも下に違いないわ」とハーマイオニーが言った。
「この植物のおかげで、ほんとにラッキーだった」ロンが言った。
「ラッキーですって!」
ハーマイオニーが悲鳴を上げた。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

发布评论我来说2句

无觅相关文章插件,快速提升流量