您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第3章猫头鹰传书2

时间:2012-10-10 15:33:46  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

ダドリーとバーノンおじさんが入ってきて、匂いに顔をしかめた。バーノンおじさんはいつものように朝刊を広げ、ダドリーは、片時も手放さないスメルティングズ校の杖で食卓をバンと叩いた。

その時、郵便受けが開き、郵便が玄関マットの上に落ちる音がした。

「ダドリーや。郵便を取っておいで」と新聞の陰からバーノンおじさんの声。

「ハリーに取らせろよ」

「ハリー、取ってこい」

「ダドリーに取らせてよ」

「ダドリー、スメルティングズの杖でつついてやれ」

ハリーはスメルティングズ杖をかわし、郵便を取りに行った。マットの上に三通落ちている。ワイト島でバケーションを過ごしているバーノンおじさんの姉、マージからの絵葉書。請求書らしい茶封筒。それに……ハリー宛の手紙。

ハリーは手紙を拾い上げてまじまじと見つめた。心臓は巨大なゴムひものようにビュンビュンと高鳴った。これまでの人生で、ただの一度もハリーに手紙をくれた人はいない。くれるはずの人もいない。友達も親戚もいない……図書館に登録もしていないので、「すぐ返本せよ」などという無礼な手紙でさえもらったことはない。それなのに手紙が来た。正真正銘ハリー宛だ。

サレー州リトル·ウインジング
プリベット通り4番地階段下の物置内
ハリー·ポッター様

何やら分厚い、重い、黄色みがかった羊皮紙の封筒に入っている。宛名はエメラルド色のインクで書かれている。切手は貼ってない。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量