您现在的位置:首页 > 走进日本 > 时事 > 正文

迈克尔杰克逊的死是“他杀”

时间:2009-08-25 10:07:17  来源:可可日语  作者:alex收藏  [网页划词已启用]

マイケル・ジャクソンさんの死は「他殺」


【ニューヨーク=松尾理也】AP通信は24日、6月にロサンゼルスの自宅で不慮の死を遂げた米人気歌手、マイケル・ジャクソンさんの検視を行ったロス郡検視局が、死因について、致死量を超える薬剤を投与したことによる「他殺」と結論づけたと伝えた。

検視結果などによると、ジャクソンさんは死亡直前、専属の医師を務めていた心臓内科医、コンラッド・マーレー氏によって強力な麻酔剤「プロポフォル」に加え、2種類の鎮静剤を同時に処方されていた。

捜査当局はすでに過失致死容疑でマーレー氏の自宅などを捜索しており、今後同氏が訴追される可能性が一段と強まっている。


莫雷医生


迈克尔杰克逊的死是“他杀”

【纽约=松尾理也】AP通讯24日报道,6月在洛杉矶的家中意外死亡的美国人气歌手迈克尔杰克逊,洛杉矶监察局通过验尸后,确定了死因是因为被输入了超过致死量的药剂而导致死亡,“他杀”结论成立。

验尸结果称,杰克逊在死亡前,担任其私人医生的心脏科医生康拉德莫雷给他的处方中加入了强效的麻醉剂“丙泊酚”(属非巴比妥类静脉麻醉药),这相当于开了两种镇静剂的处方。

搜查当局以医疗过失致死的嫌疑搜查了莫雷的私宅,今后他有可能受到进一步的公诉。

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量