您现在的位置:首页 > 走进日本 > 美食 > 正文

日系美食:日本东京车站拉面一条街

时间:2012-11-15 16:39:17  来源:可可日语  作者:dodofly收藏  [网页划词已启用]

関東でエスカレーターに乗る時、左側に立って右側を急ぐ人のために空けるというのは、他人への配慮と言えるだろう。だが関西ではまったく反対で、右側に立たなければならない。「関東」と「関西」は生活習慣の違いがはっきりしているだけでなく、飲食の習慣でも大きな違いがあり、関西は薄味、関東は濃い味を好むという。関西でよく使われる醤油は、塩分は高いが色は薄く、原料や汁の色を変化させないので、ラーメンスープも丼の底まで見通せるほど透明だ。しかし関東では濃い口醤油をよく使うので、スープの色が濃く、丼の底は見えない。関東のラーメンスープの色が濃いというのは本当だろうか?自分の目で確かめたい人は、東京駅八重洲南口地下1階の「ラーメンストリート」に行って確かめてみてほしい。

在关东乘自动扶梯要靠左边站,右道要留给急行的人,可谓急人所急;而在关西则正好相反,要靠扶梯右边站。“关东”和“关西”,除了生活习惯差异显著之外,在饮食习惯上也能看出大不同——关西口味清淡,关东口味较重。关西地区常用的酱油虽盐度高,但因颜色较淡,不改变原料和酱汁的颜色,所以拉面汤可以看得到碗底;而关东地区常用浓口酱油,汤色浓,只见汤面却看不到碗底。关东拉面汤色浓,到底是不是真的呢,想要亲自验证一下的话,东京站八重洲南口地下1楼的“拉面一条街”是个不错的去处哦。

上一页 [1] [2] [3] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量