您现在的位置:首页 > 走进日本 > 美食 > 正文

日系美食:冬季上选 热乎乎的姬路黑轮

时间:2012-12-05 17:24:29  来源:东京流行通讯  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

 だんだん寒くなってきましたね~。冬になると、あつあつのおいしいものを食べたくなります。今日は、生姜醤油をつけて食べる「姫路おでん」をご紹介して、みなさんのおなかを温めてさしあげたいと思います。日本のおでんは地方によって異なり、食べ方も味もだいぶ違っています。大体は、醤油を入れた昆布だしの中に大根、ゆで卵、ちくわ、豆腐、昆布、こんにゃくなどを入れて、味がしみ込むまで煮込みます。一般に「おでん」と呼ばれますが、関東地方から伝わったため、関西では「関東煮」と呼びます。東日本では味が濃く、西日本では薄いので、おでんは色の上でも大いに異なっています。作り方が簡単で食べるのにも便利なので、居酒屋やコンビニ、大衆食堂、さらには一般家庭の食卓にも、この料理はよく登場します。江戸時代に生まれて、たちまち人気を集めたおでんは、今でも多くの人に愛されています。街にはおでんを売る専門の屋台もあり、つゆの中で煮こんだ、あつあつの湯気を立てているおでんは、冬には特に好まれます。

  天气越来来冷啰~,冬天里总是令人想吃吃热呼呼的美食。今天要介绍沾著生姜酱油来食用的“姬路黑轮”让大家暖暖胃喔。说起黑轮,在日本因地区而异,吃法与口味也都大不相同。大致上是将萝卜、水煮蛋、竹轮、油豆腐、海带、蒟蒻等放入加了酱油的昆布汤头之中去熬煮至入味。一般称为ODEN,由于是从关东传进来的,在关西地区则称这种食物为关东煮。在东日本口味吃的比较重、西日本吃的比较淡,所以黑轮在顏色上也不太一样。由于煮法简单又方便食用,在居酒屋或便利商店、大众食堂甚至到一般家庭的餐桌上,都常会出现这道料理。从江户时期开始便很受欢迎的黑轮,至今也是深受大众喜爱。街上也有专门贩售黑轮的摊贩,被放进汤汁里煮的热腾腾、冒着白烟的黑轮,在冬季尤其大受欢迎。

上一页 [1] [2] [3] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量