您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 天声人语 > 正文

中日对照"天声人语":这个夏天让人热血沸腾

时间:2012-08-03 14:19:47  来源:可可日语  作者:dodofly收藏  [网页划词已启用]

夏のオリンピックは閏年(うるうどし)にめぐり、どの大会を最初に記憶しているかで世代がわかる。筆者の場合は東京五輪で、白黒テレビにかじりついた。その五輪が残していった流行語「ウルトラC」はすっかり定着し、辞書にも収まっている

夏季奥林匹克运动会每闰年轮一次,最先记住的是哪一届奥运会?不同年代的人各自心中有数。笔者是东京奥运会,当时抱着电视机不肯挪开半步。那一届奥运会上兴起的流行词汇“高难度C”已经固定下来,并收录进了字典。

▼地元開催に向けて、日本の体操男子がひそかに開発していた技(わざ)を、そう呼んだのが始まりらしい。当時の難易度はA、B、Cのみで、最難のCを超える究極の大技を意味した。以来48年、いまや技はD、E、FはおろかGにまで進化した。繰り出される超絶美技にメタボ世代は感嘆するほかない

\

▼好像最开始是针对本土举办的奥运会,日本体操男队把秘密开发的绝招如此称呼的。当时的难度只有A、B、C,这意思是超越了最高难度C的终极技巧。之后48年来,如今技术动作已经发展到了D、E、F甚至G的地步了。对于层出不穷的超绝美丽的动作,代谢综合征的一代只能望而兴叹了。

▼そのG線上で競われた男子の個人総合を、内村航平選手(23)が制した。かつてはお家芸だった体操だが、その王者とも言うべきこの金メダルはロス五輪の具志堅幸司さん以来28年ぶりという

▼在G等级上比拼个人全能的选手内村航平(23岁)取得胜利。虽然体操曾经是日本的强项,但这枚冠军金牌自洛杉矶奥运会上,具志坚幸司斩获以来,已经久违28年。

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量