您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 天声人语 > 正文

中日对照"天声人语":奥运赛场上的"无腿"英雄

时间:2012-08-07 14:15:48  来源:天声人语  作者:dodofly收藏  [网页划词已启用]

1960年のローマ五輪、マラソンはエチオピアの無名選手アベベ・ビキラが制した。裸足で走り切った逸話が残る。アベベは東京で連覇を果たし、異色ではなく偉業でオリンピック史に刻まれた

1960年的罗马奥运会,来自埃塞俄比亚的无名小卒阿贝贝•比基拉取得了马拉松比赛的冠军。他赤脚跑完全程的故事成为美谈。阿贝贝在东京奥运会上实现了卫冕,他凭借伟大的成就而非肤色名垂奥林匹克史。

▼ロンドンでも「裸足」が注目されている。義足ランナーとして初めて五輪に参加し、400メートルに出た南アフリカのオスカー・ピストリウス選手(25)だ。準決勝で敗れはしたが、同走の選手が敬意の印にゼッケンの交換を求めてきた。9日にはリレーを走る

\

▼在伦敦奥运会上“赤脚”也备受关注。出征400米比赛的南非选手奥斯卡•皮斯托瑞斯(25岁)是首位参与奥运的假肢跑步运动员。虽然在半决赛中未能出线,但同跑的选手为了表达敬意请求与他交换比赛背心。9号,他将参加接力比赛。

▼両すねの骨を欠いて生まれ、程なく膝(ひざ)から下を切断した。「私の義足は靴と同じ」。10代から短距離を磨き、北京パラリンピックでは敵なし。その走りに、工業デザイナーの山中俊治(しゅんじ)慶大教授は「究極の機能美」を感じた

▼因为他生下来时就缺少两侧的小腿骨,所以过不久便切除了膝盖以下部位。“我的假肢就和鞋一样”,他从10多岁就开始进行短跑训练,在北京残奥会上所向无敌。工业设计师庆应大学教授山中俊治先生感叹说,从他奔跑的姿势上感受到了一种“极致的功能美”。

上一页 [1] [2] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量