您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第14章挪威脊背龙—诺伯2

时间:2013-03-06 10:33:44  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

「シーッ!いいか――後で小屋に来てくれや。ただし、教えるなんて約束はできねぇぞ。ここでそんなことをしゃべりまくられちゃ困る。生徒が知ってるはずはねーんだから。俺がしゃべったと思われるだろうが……」

「じゃ、後で行くよ」とハリーが言った。

ハグリッドはモゾモゾと出て行った。

「ハグリッドったら、背中に何を隠してたのかしら?」

ハーマイオニーが考え込んだ。

「もしかしたら石と関係があると思わない?」

「僕、ハグリッドがどの書棚のところにいたか見てくる」

勉強にうんざりしていたロンが言った。ほどなくロンが本をどっきり抱えて戻ってきて、テープルの上にドサッと置いた。

「ドラゴンだよ!」

ロンが声を低めた。

「ハグリッドはドラゴンの本を探してたんだ。ほら、見てごらん。『イギリスとアイルランドドラゴンの竜の種類』『ドラゴンの飼い方――卵から焦熱地獄まで』だってさ」

「初めてハグリッドに会った時、ズーッと前からドラゴンを飼いたいと思ってたって、そう言ってたよ」ハリーが言った。

「でも、僕たちの世界じゃ法律違反だよ。一七〇九年のワー口ック法で、ドラゴン飼育は遠法になったんだ。みんな知ってる。もし家の裏庭でドラゴンを飼ってたら、どうしたってマグルが僕らのことに気づくだろ――どっちみちドラゴンを手なずけるのは無理なんだ。狂暴だからね。チャーリーがルーマニアで野生のドラゴンにやられた火傷を見せてやりたいよ」

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量