您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第7章分院帽2

时间:2012-12-06 10:54:47  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

「いったい……?」

ハリーは息をのんだ。周りの生徒も息をのんだ。後ろの壁からゴーストが二十人ぐらい現れたのだ。真珠のように白く、少し透き通っている。みんな一年生の方にはほとんど見向きもせず、互いに話をしながらスルスルと部屋を横切っていった。なにやら議論しているようだ。

太った小柄な修道士らしいゴーストが言う。

「もう許して忘れなされ。彼にもう一度だけチャンスを与えましょうぞ」

「修道士さん。ピーブズには、あいつにとって十分過ぎるくらいのチャンスをやったじゃないか。我々の面汚しですよ。しかも、ご存知のように、やつは本当のゴーストじゃない――おや、君たち、ここで何してるんだい」

ひだがある襟のついた服を着て、タイツをはいたゴーストが、急に一年生たちに気づいて声をかけた。誰も答えなかった。

「新入生じゃな。これから組分けされるところか?」

太った修道士が一年生にほほえみかけた。二、三人が黙ってうなずいた。

「ハッフルパフで会えるとよいな。わしはそこの卒業生じゃからの」と修道士がいった。

「さあ行きますよ」厳しい声がした。

「組分け儀式がまもなく始まります」

マクゴナガル先生が戻ってきたのだ。ゴーストが一人ずつ壁を抜けてフワフワ出ていった。

「さあ、一列になって。ついてきてください」マクゴナガル先生が言った。

足が鉛になったように妙に重かった。ハリーは黄土色の髪の少年の後ろに並び、ハリーの後にはロンが続いた。一年生は部屋を出て再び玄関ホールに戻り、そこから二重扉を通って大広間に入った。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量