您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第14章挪威脊背龙—诺伯1

时间:2013-03-05 10:24:41  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

第14章ノルウェー·ドラゴンのノーバート
CHAPTER FOURTEEN Norbert the Norwegian Ridgeback

クィレルはハリーたちが思っていた以上の粘りを見せた。それから何週間かが経ち、ますます青白く、ますますやつれて見えたが、口を割った気配はなかった。

四階の廊下を通るたび、ハリー、ロン、ハーマイオニーの三人は扉にピッタリ耳をつけて、フラッフィーのうなり声が聞こえるかどうか確かめた。スネイプは相変わらず不機嫌にマントを翻して歩いていたが、それこそ石がまだ無事だという証拠でもあった。

クィレルと出会うたびに、ハリーは励ますような笑顔を向けるようにしたし、ロンはクィレルのどもりをからかう連中をたしなめはじめた。

しかし、ハーマイオニーは「賢者の石」だけに関心を持っていたわけではなかった。復習予定表を作り上げ、ノートにはマーカーで印をつけはじめた。彼女だけがやるなら、ハリーもロンも気にしないですんだのだが、ハーマイオニーは自分と同じことをするよう二人にもしつこく勧めていた。

「ハーマイオニー、試験はまだズーッと先だよ」

「十週間先でしょ。ズーッと先じゃないわ。ニコラス·フラメルの時間にしたらほんの一秒でしょう」

ハーマイオニーは厳しい。

「僕たち、六百歳じゃないんだぜ」

ロンは忘れちゃいませんか、と反論した。

「それに、何のために復習するんだよ。君はもう、全部知ってるじゃないか」

「何のためですって?気は確か?二年生に進級するには試験をパスしなけりゃいけないのよ。大切な試験なのに、私としたことが……もう一月前から勉強を始めるべきだったわ」

ありがたくないことに先生たちもハーマイオニーと同意見のようだった。山のような宿題が出て、復活祭の休みは、クリスマス休暇ほど楽しくはなかった。ハーマイオニーがすぐそばで、ドラゴンの血の十二種類の利用法を暗唱したり、杖の振り方を練習したりするので、二人はのんびりするどころではなかった。うめいたりあくびをしたりしながらも、ハリーとロンは自由時間のほとんどをハーマイオニーと一緒に図書館で過ごし、復習に精を出した。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量