您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第13章尼可勒梅6

时间:2013-03-01 10:47:03  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

しばらくして、ハリーはニンバス2000を箒置き場に戻すため、一人で更衣室を出た。こんなに幸せな気分になったことはなかった。ほんとうに誇りにできることをやり遂げた――名前だけが有名だなんてもう誰も言わないだろう。夕方の空気がこんなに甘く感じられたことはなかった。湿った芝生の上を歩いていると、この一時間の出来事がよみがえってきた。幸せでボーッとなった時間だった。グリフィンドールの寮生がかけ寄ってきてハリーを肩車し、ロンとハーマイオニーが遠くの方でピョンピョン跳びはねているのが見えた。ロンはひどい鼻血を流しながら歓声を上げていた。ハーマイオニーはなんだか英雄でも見ているような顔だった。

ハリーは箒置き場にやってきた。木の扉に寄りかかってホグワーツを見上げると、窓という窓が夕日に照らされて赤くキラキラ輝いている。グリフィンドールが首位に立った。僕、やったんだ。スネイプに目にもの見せてやった……。

スネイプといえば……

城の正面の階段をフードをかぶった人物が急ぎ足で降りてきた。あきらかに人目を避けている。禁じられた森に足早に歩いて行く。試合の勝利熱があっという間に吹っ飛んでしまった。

スネイプは足音を立てずにしなやかに歩いていた。ほかの人たちが夕食を食べている時にコッソリ森に行くとは――いったい何事だろう?

ハリーはまたニンバス2000に跳び乗り、飛び上がった。城の上までソーッと滑走すると、スネイプが森の中にかけ込んで行くのが見えた。ハリーは跡をつけた。

木が深々と繁り、ハリーはスネイプを見失った。円を描きながらだんだん高度を下げ、木の梢の枝に触るほどの高さになった時、誰かの話声が聞こえた。声のするほうにスィーッと移勤し、ひときわ高いぶなの木に音を立てずに降りた。

欝をしっかり掘り締め、ソーツと枝を登り、ハリーは葉っぱの陰から下をのぞき込んだ。

木の下の薄暗い平地にスネイプがいた。一人ではなかった。クィレルもいた。どんな顔をしているかハリーにはよく見えなかったが、クィレルはいつもよりひどくどもっていた。ハリーは耳をそばだてた。

「……な、なんで……よりによって、こ、こんな場所で……セブルス、君にあ、会わなくちゃいけないんだ」

「このことは二人だけの問題にしようと思いましてね」

スネイプの声は氷のようだった。

「生徒諸君に『賢者の石』のことを知られてはまずいのでね」

ハリーは身を乗り出した。クィレルが何かモゴモゴ言っている。スネイプがそれをさえぎった。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量