您现在的位置:首页 > 双语阅读 > 小说与诗集 > 哈利波特 > 正文

双语阅读:《哈利波特与魔法石》第14章挪威脊背龙—诺伯4

时间:2013-03-08 10:52:52  来源:可可日语  作者:ookami收藏  [网页划词已启用]

\

結局、もう一つ心配を抱えることになってしまった。ハグリッドが法を犯して小屋にドラゴンを隠しているのがバレたらどうなるんだろう。

「あーあ、平穏な生活って、どんなものかなあ」

次々に出される宿題と来る日も来る日も格闘しながら、ロンがため息をついた。ハーマイオニーがハリーとロンの分も復習予定表を作りはじめたので、二人とも気が狂いそうだった。

ある朝、ヘドウィグがハリーにハグリッドからの手紙を届けた。たった一行の手紙だ。

「いよいよ孵るぞ」

ロンは薬草学の授業をサボって、すぐ小屋に向かおうとしたが、ハーマイオニーがガンとして受けつけない。

「だって、ハーマイオニー、ドラゴンの卵が孵るところなんて、一生に何度も見られると思うかい?」

「授業があるでしょ。さぼったらまた面倒なことになるわよ。でも、ハグリッドがしていることがバレたら、私たちの面倒とは比べものにならないぐらい、あの人ひどく困ることになるわ……」

「黙って!」ハリーが小声で言った。

マルフォイがほんの数メートル先にいて、立ち止まってじっと聞き耳を立てていた。どこまで聞かれてしまったんだろう?ハリーはマルフォイの表情がとても気にかかった。

ロンとハーマイオニーは薬草学の教室に行く間ずっと言い争っていた。とうとうハーマイオニーも折れて、午前中の休憩時間に三人で急いで小屋に行ってみようということになった。授業の終わりを告げるベルが、塔から聞こえてくるやいなや、三人は移植ごてを放り投げ、校庭を横切って森のはずれへと急いだ。

ハグリッドは興奮で紅潮していた。

上一页 [1] [2] [3] [4] 下一页

相关阅读

无觅相关文章插件,快速提升流量